<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ラグビー一筋バカの行き着くところ

ラグビーの裏社会、つまり表社会はこうなっている。

あるサラリーマンが大学のフルタイム監督として出向した時、
俺にこう言った人がいる。

あいつの場合は会社へ戻ってもおるところがない。

はて、そんなものかなあと思っていた。しかし、それは現実のものとなった。
一生面倒をみなくていい。
プロ監督とは聞こえはいいが、はじき出されているのや。

ラグビーとプロ野球の世界が同じやと思うたらあかん。
企業ラグビーは所詮マイナーなサラリーマンの世界。

第一に企業が有能な男を何年も出向させるか。せんやろ。
それも仕事に関係のないところに。こう考えるとわかりやすいな。
それはもういらんという事や。

特定の分野でしか使えないという例やね。

企業ラグビーも学生ラグビーもごちゃ混ぜの視野狭窄、
俺が俺がの功名心の固まり、
これでは企業人としてまったく使えない、周囲に迷惑かけるだけ。
当たり前やな。企業はよく考えている。

逆の例をしめそう。
明治の監督に就任した藤田。この人の場合は違う。
まず藤田は有能で仕事ができる。そやから会社はこの男を出したくないのや。

藤田は悩んだ。できる男はどこからも引っ張られるのである。
あちこちに出向き、了解を取り付けないといけない。
右から左へとそう簡単に引き受けられるものではない。

結果、フルタイムではなくなったのや。

ラグビーだけできる男と仕事もできる男を紹介した。
今年から明治は変わるやろ。
[PR]
by tanaorosisantarou | 2006-02-20 16:07

広告ラグビーの不条理性と気持ち悪さ


莫大な広告料による環境の著しい不均衡。
年間予算、片や100万、片や1000万。10倍違ったらそれはもうやれること全く変わってきますな。誰でもわかる。
この大問題のほかにも、スポンサー制度は嫌な側面を抱えている。

本日はそれをお話しますね。

テーマは【ラグビーを媒体とする広告の不条理性と気持ち悪さ】や。

さて、皆様奥様だんな様、
早稲田は独自にadidasの宣伝をなしえているか。
TVコマーシャルや街の看板のようにそれ自身自立した広告となっているか。
ところがそれはできません。

ラグビーは相手チームがあって成立するな。
相手の協力なしに早稲田はadidas社の広告、すなわち金儲けはでけへん。
こういう気持ち悪い仕組みになっとるのやで。考えたことあるけ?
こうして相手をうまく活用してお金儲けするのやな。

自分の金儲けに相手を無理矢理協力させている、巻き込んでおるちゅうことや。

「早稲田よ、君らはラグビーと金儲け一緒にするつもりやろうけど、
俺らは金儲けには協力したくない。adidasのマークは黒色のマジックインクで消してくれよ。今日はラグビーだけやろうぜ」

相手からすればこう言いたくなって全然おかしくないのやな。
その日の儲け、半分渡してあげなさいよ。
宣伝に関して同じだけ尽力させたのやろ。
それなら報酬がないとおかしい。儲け、独り占めするのはずるい。

宣伝行為はグラウンドとは無縁の処でお願いやな。
街でサンドイッチマン、チンドン屋をやってくれよ。
そのほうがよっぽどすがすがしい。
[PR]
by tanaorosisantarou | 2006-02-17 10:23

<早稲田ラグビー>史上最強といわれる理由は!

2006年2月9日(木) 12時21分 毎日新聞

 ラグビーの第43回日本選手権で12日、学生チャンピオンの早稲田大がトヨタ自動車と対決する。「打倒トップリーグ(社会人)」を実現できるのか? 今季負け知らずで史上最強といわれる早大ラグビーを探った。【本橋由紀】

 歴代最重量といわれる平均体重96.8キロの強力FW(フォワード)と展開力、突破力のあるバックスを擁し、今季の公式戦12試合はいずれも大勝。大学選手権決勝の関東学院大戦も36点差を付けた。強さの背景には、今回の日本選手権後に退任する5年目の清宮克幸監督(38)の徹底した「勝つ組織にふさわしい」改革がある。
 学生主体で夜10時まで行うこともあった練習を、コーチが指導する2時間の練習に短縮した。専属のフィットネスコーチやトレーナー、医師を置き、太くて動きの良い筋肉を鍛えるトレーニングを採用。食事も栄養士がメニューを作り、選手の体づくりを図った。
 清宮監督は「監督就任時は50メートル走で6秒を切る選手はゼロだったが、今は7、8人いる」と効果を強調する。

以下略

出典<http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=rugby&a=20060209-00000051-mai-spo>

専属のフィットネスコーチやトレーナー、医師をおき

とある。
この記者は「勝つ組織にふさわしい改革」とひとつのチームしか見ない単視点で褒めていて、一方、改革が実現出来た理由は一切ふっ飛ばしている。

書くならこういう事によりこういう事ができたと書くべきや。

普通に考えてみてこんなことどこの大学でもできるか。できんやろ。
お金なかったらできません。

スポンサーから大金をもらった結果、こんな充実した環境ができ
・強い体ができましたよ
・足も速くなりましたよということや。

スポンサー制度の採用により大金をせしめた大学だけがこのように強くなった。
さて、これで大学ラグビーが面白くなったかである。否。

金もらいラグビーが強くなっても誰も興味をしめさんのやねえ。
事実、早稲田ラグビーの観客数は減少している。

記者ならもっと大きな視点をもたんとつとまらんぞ。
[PR]
by tanaorosisantarou | 2006-02-09 15:41

広告ラグビー

早稲田はadidasの宣伝のためにラグビーをしているのやから
社会人ラグビーと考え方は同じやな。属すべき場所は社会人ラグビーである。

選手がadidasの社員である必要は毛頭ない。
学生のアルバイトであろうが何であろうが宣伝になれば何でもいいのである。
人は問われない。

かれらは宣伝マンとして広告代理店、早稲田に属していると考えたらええのやな。
これなら世間の納得が得られる。

広告屋として大事なのは
どんなことをしてもいいから最後まで勝ち続けてテレビに出ること。
観客席を買い占めadidasマークをあしらった旗で覆いつくし
多くの人に見せることや。
その分観戦できん人がでてきても知ったこっちゃない。
席買うたらこっちのもんや。世の中、お金。そうですやろ。何が悪い。

大体、恥や外聞気にしてたらお客様の企業の宣伝などできんわな。
電柱やフェンス見つけたらいっぱい張り紙する。

たとえば花園のバックスタンドに3段5列15人分の観客席を買い占めてやな
広告載せたら嫌でも目立つやろ。費用もしれてる。
しかしそんなことした企業や商店もない。
なんとなれば恥ずかしいからやな。

しかしそんなこと気にしちゃいかんのよ。
恥ずかしいがなんぼのもんじゃ、もんじゃ焼き。
お金いっぱいもらおう思うたらそんな根性ではつとまらんのや。
[PR]
by tanaorosisantarou | 2006-02-08 10:23

タマリバの桑江選手「去年まではラグビーだけをやっていればよかった」

クラブチームは大変やろうな。こんな所にがんばって欲しい。

しかし早稲田のラグビー部員はラグビーだけやっておればいいのか。
これが早稲田の実体? おどろいた!大変に。

学校の名を売るためにあれこれやっているが、どんな成果がでているのか。

関東学院はいくら強くなっても人気はでない。誰からも尊敬されない。
一向に変わっていない。
一方、広告ラグビーの早稲田は大学として慶応にどんどん引き離されている。

姑息なことを考える大学は軽蔑されていくのやな。
受験生の選択がしめしている。
[PR]
by tanaorosisantarou | 2006-02-08 09:46

立教ラグビー宣言が注目されている

我々はフェア精神で戦います。

これが賞賛されているが、よく考えればこれは当たり前のこと。
これがどこでも実行されていたら、わざわざこんな宣言するやつおらん。
しやろ?

このことが褒められるくらいに、実際はそうはなっておらんちゅうことやな。
この宣言は批判でもある。
批判されているのは、我々は勝つためになんでもしますチームや。
[PR]
by tanaorosisantarou | 2006-02-02 09:36